平常祈願

いのち感謝祭
毎月8日 (三重塔)

密教の“山川草木悉皆成仏”の考えに基づき、犬や猫といった愛玩動物始め、あらゆる動植物から、愛情を込めて接してこられたものであれば、無生物に対しても葬送、供養、祈願を行っています。

 

春彼岸供養 / 秋彼岸供養
3月20日 / 9月22日 (百万枚護摩本堂)

春と秋の彼岸の中日に、各家ご先祖様を始め、所縁諸霊位のご供養を致します。

安産祈願・腹帯祈願

戌の日の腹帯を中心に安産祈願を致します。

百日参り (七草参り/1月7日)
随時 (四恩殿)

生まれてから100日間、無事に育ってくれたお礼をし、この先も元気で成長してくれる事を願う祈願です。寺で祈願をして家に帰ってからは、お食い初めをします。

七五三祈願
11月15日 (大柴灯護摩道場)

七五三を迎える子供さんたちの健やかな成長を祈る “大弁財天結縁灌頂” をお授けいたします。

十三参り
随時 (四恩殿)

十三参りは旧暦の3月13日前後(3月13日から5月13日)に数え歳13歳の子どもさんのお祝いで、開運、招福を祈る。初めての厄払いの歳ともいわれるが、初めて大人の寸法(本断ち)の晴れ着を着ることや、半元服の歳であることより、大人へのひとつの通過儀礼として行う。祈願の仏様は智恵と福を授ける虚空蔵菩薩で、最福寺では豪泉貫主が行った真言密教最高秘法の虚空蔵菩薩求聞持法の本尊様をこの時だけ特別にご開帳している。